種子の保管方法

ソクラテスの煙草の種子は、下の写真のように、プラスチック製の容器に乾燥材とともに密封された状態でお客様のもとへ届きます。

これは、輸送中の雨や湿度の影響を極力減らすための措置です。

%e4%bf%9d%e7%ae%a1-1

しかし、一度開封した後でこの状態のまま種子を長期保管するのはあまり望ましいとは言えませんので、種子がお客様のもとへ届き次第、容器の中身を紙製の封筒などに移し替え、その封筒を低湿・低温の場所で保管することをおすすめします。ソクラテスの煙草でおすすめしている保管方法は、小さ目の紙封筒に種を移し替えた後、その封筒を瓶などの密閉容器に乾燥材とともに入れておく方法です。この瓶を冷蔵庫に入れておけば、数年は実用レベルの発芽率を維持することができます。

dsc_2520

当店のすべての種は約100粒入り(実際には150粒ぐらい入ってます)で販売しておりますので、大体の場合、50粒ぐらいはあまりが出ることでしょうから、このように保管すれば経済的です。

当店の種子の発芽率についてはコチラをご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.